開催中の展覧会

大きいバナーたべおそ.jpg


|Y art 企画展|

画家より文学に敬意をこめて

宮島亜紀の銅版画作品と蔵書票 展

2019.8.21(水) -9.1(日)
11:00〜19:00 (日曜は17:00まで) 月曜休

宮島亜紀さんは1998年より銅版画制作を始め、現在まで海外や国内の多くの版画展や蔵書票展で入選、受賞をしています。2010年より夏目漱石、夢野久作や他の文学作品を
銅版画創作のテーマにとりあげ制作を行っています。
文学ムック「たべるのがおそい」(書肆侃侃房 発刊)では創刊から多くの挿画を描いてきました。
注目されていた文学ムック「たべるのがおそい」は7号をもって終刊となりました。このたびは、同誌の表紙原画と挿画部メンバー8人の書籍装画や文学オマージュ作品等も同時に展示いたします。

taidanbunner.jpg

スペシャルトークイベント
「ここではない、どこかについてのお話」
作家・澤西祐典さんと 画家・宮島亜紀さんの対談

8月31日(土)14時から ワイアートギャラリーにて

澤西祐典さんの新刊『雨とカラス』を中心に、これまでとこれからの私たちの文学と絵画について話し合います。

お電話、メールにてお申し込み下さい。
(お名前・電話・お申し込み人数をお書き下さい)
TEL/06-6311-5380 メール/info@yart-gallery.co.jp

澤西 祐典(Sawanishi Yuten)
1986年大阪生まれ。2011年、「フラミンゴの村」で、第35回すばる文学賞を受賞し、小説家としてデビューする。他の著書に『雨とカラス』、『文字の消息』(共に書肆侃侃房)「砂糖で満ちてゆく」は、『ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29』(新潮社)に選ばれ、英訳やドイツ語訳もあり。
日本近代文学の研究者としても活動しており、専門は芥川龍之介。
柴田元幸氏との共編訳『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』(岩波書店) 現在、龍谷大学国際学部講師。京都在住。

tabeoso.jpg

同時開催 
文学ムック
「たべるのがおそい挿画展 in 大阪 」

当代を代表する執筆陣の小説、翻訳、短歌を収録し注目を集めてきた文学ムック「たべるのがおそい」。
(書肆侃侃房 発刊)
このたびは同誌の表紙原画とたべおそ挿画部メンバー8人の書籍装画や文学オマージュ作品を展示します。

たべおそ挿画部
宮島亜紀、ありかわりか、片岡好、小林小百合、
佐藤ゆかり重藤裕子、寺澤智恵子、三紙シン